現代における「占い師」像を作った最初の人物だといわれる。
ミステリアスな衣装、ミステリアスな占いの館などの演出面や、占いのコース別に料金が設定されていること、本の執筆などによって自分の名前を宣伝することなど、現代の占い師が身を立てるのに必要な色々な方法が、すでに彼女によって確立されているということは非常に興味深い。
また、彼女のスタイルを追うことによって、占い師→女性、魔術師→男性といったふうに、同じ魔術を扱う者たちの間に存在する深い溝の存在についても強く意識させられるところがあり、ここもまた面白いところである。