(1122年 - 1204年4月1日)

アキテーヌ公ギヨーム10世の娘で、アキテーヌの女公爵。
フランス王ルイ7世の妃から、離婚ののち、イングランド王ヘンリー2世の王妃となる。

祖父ギヨーム9世は、世界最古のトルバドゥール(吟遊詩人)。
彼女自身も吟遊詩人を庇護して多くの文芸作品を誕生させた。
彼女の開いた「愛の宮廷」では、騎士道精神を中心とした洗練された宮廷文化が花開き、それらをフランス、イングランドに広めていった。

クレティアン・ド・トロワのパトロネスとして知られるマリー・ド・シャンパーニュ、イングランド王リチャード1世、ジョンたちの母。
中世盛期の西欧における最強・最富な女性の一人であるといわれている。 




アリエノールが作った宮廷の文化

アリエノールが作り上げた宮廷の文化は、その後の時代の宮廷の雰囲気を大きく変えていきました。
アリエノールから数百年ののちの宮廷文化が、どうなっているのかを知りたい&体験したい方に。


『宮廷マダムの作法』

真城七子・著
B6、140頁、ソフトカバー


  →詳しくはこちら








近日公開予定!
アリエノールの「愛の宮廷」
吟遊詩人たち