死んだのちに「暗殺の天使」と呼ばれ、断頭台に散っていった可憐な女性。
きっと人びとは、彼女の見た目の美しさ、華奢な外見に似合わず、一途で激しく強い思いを持っているさまに心を打たれ、忘れがたい存在となったのだろう。

彼女のマラーに対する思い込みの激しさはロマン派的にも見え、人間の視野の限界を見せられるようでもあり、非常に興味深い。
彼女の死後の美しい首は、マダム・タッソーらによって再現され、蝋人形館にも飾られた。